運用管理データ

運用グラフ

事業レベルに合わせた運用管理を行うことが大切です。例えばアクセサリーを個人で販売している場合には、pcに最初から入っているソフトを使用して対応することが可能です。
住所録管理ソフトを利用してDMを製作したり、住所と名前を管理を行い顧客に対してDMを送付する時に活用します。
またデータベースソフトアクセルなどを使用することで、社員名簿や売り上げ台帳など関連する情報をまとめらという事です。この様にデーターを活用する機能が色々あるのです。

◇パッケージ導入
複数の店舗を運営している場合には、ネットワークに対応した顧客管理のソフトを導入します。
これにより、事業規模が大きくなっても複数端末の情報がまとめて見れたり、複数の担当者や店舗別から同時に情報が入力されても問題がないです。
PCA顧客管理など様々なパッケージが豊富にある。また業種に合わせた顧客管理テンプレートが業者から提供されるので、安心してパッケージを購入できるということです。
運用後は、パッケージのバージョンアップにコストが掛かってしまうので、TCO管理が大切です。

◇ソフト選び
顧客管理パッケージソフトには顧客情報が漏洩しないように防止機能が組み込まれており、アクセスできる人の制限や誰がアクセスを行なったのかを確認するための記録を残すなどセキュリティ対策が施されているのが特徴です。
ソフトを導入する際には業務の流れなどが漏洩しにくい仕組みのソフトを導入することが重要です。
またデータを印刷した場合には、顧客データをそのままにしておくとリスクが大きくなるので、しっかりデータを処分することが大切であり、運用管理の徹底が必要です。

6つのメリット

管理簿

この会社の顧客管理ソフトを利用するメリットは、主に6つあります。
まず1つ目は、契約後最短1日で利用出来るようになることです。
2つ目は、個人は役職や部署をコード化して登録出来ることです。
3つ目は、様々なマーケティングや営業履歴が簡単に登録・管理出来ることです。
4つ目は、業種・売上規模・部署・役職などの各種履歴やデータから対象を選び出せることです。
5つ目はメール配信やエラー処理の一元管理が出来ることです。
そして6つ目は、重複データの検索や削除、統合処理が簡単なことです。